セラピストブログ 実証!発毛の日々

抜け毛の原因と対策

2010年1月22日

抜け毛は、髪の寿命による自然現象ですが、抜けすぎはちょっと心配です。
抜毛の予防には、日頃のケアや生活習慣の改善が大切です。

毛髪はケラチンというたんぱく質でできています。
ケラチンにはシスチンというアミノ酸が含まれており、これを合成するには、たんぱく質とともにビタミンB6の補給が必要です(B6は魚・肉などの動物性食品に多く含まれています)。
また、細胞の老化を防ぎ血行を促進するビタミンE
髪に潤いを与え、髪や皮膚を健康に保つビタミンA・B2
ストレスや紫外線による抜け毛を防ぐビタミンC
なども不可欠です。
亜鉛(カキ、牛肉、米、大豆など)やヨウ素(海藻、魚介類など)は育毛を促進します。

脂質や糖質のとりすぎは皮脂を過剰に分泌させ、フケを増やし、抜け毛の原因になります。
栄養の吸収を阻害したり血行を悪くしたりする過度の飲酒や喫煙も抜け毛の大敵です。

過労やストレスも抜け毛を悪化させる原因になります。

1月も末にさしかかりますが、年末年始の忘年会や新年会も落ち着きた頃と思いますので、食生活を見直し内側からのケアで健康な体と髪をはぐくみましょう。



このページのTOPへ